カジノ関連銘柄

casino

カジノ関連銘柄

今般、日本政府がカジノの開設を東京五輪後の経済成長の起爆剤になる事に躍起になっている事で株式市場の反応も大きいものと考えられています。今後の株式マーケットにおけるカジノ関連株銘柄に注目される予想です。オンラインカジノができてから状況は変わりました。

カジノを含む統合型リゾート(IR)を解禁するIR推進法(特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律)が2016年に施行されてから政府でカジノ開設に向けた議論が始まりました。1年以内にIR実施法案をまとめ国会に提出されてその後、安倍首相自らが本部長を務めるIR推進本部の初会合が開催されて実施法案の策定に向けての動向が注目されています。オンラインカジノができたので、ぜひ試してみましょう!!

しかし、ギャンブル依存症の患者の増加の懸念や暴力団などのマネーロンダリング(資金洗浄)に利用されたりする可能性があるなど、一部の与党議員からも慎重論が出ている事も事実です。

casino

カジノができる効果4つ

1.カジノの実現に向けて

カジノの実現に向けて着々と議案があがっていますが政府がIR実施法案を策定後、民間企業へのカジノ営業ライセンスの付与や建物の建設に時間を要すため2020年の東京オリンピック以降になることは確実と見られています。また、大阪市が大阪府、関西経済3団体と共同で総括した(夢洲まちづくり構想)では、2024年前後に人口島の夢洲(ゆめしま、大阪市此花区)でカジノが開設されることを念頭において将来を見据えているようです。

2.IR施設の誘致

現在、カジノリゾートを 誘致している自治体は北海道、大阪府・市、長崎の佐世保市、和歌山県などが名乗りを挙げています。沖縄県は2007年に検討委員会を立ち上げましたが2014年にカジノ反対を掲げる知事の反対もあって検討を断念しています。

東京都では石原慎太郎氏が知事を務めた時代にお台場でのカジノ構想が持ち上がりましたが現在の小池百合子都知事は観光振興が大きなポイントとなるとした一方で、懸念事項もただあり慎重に検討が必要との考えを示しています。専門家の予想では最初に東京と大阪、そして一つの地方都市として沖縄が立地に選ばれる見込みと予想しています。

3.日本マーケットの特徴

世界が注目するカジノにおける日本マーケットは、日本の観光資源の豊富さを挙げています。世界遺産の数々や温泉、ミシュランガイドお墨付きのレストランなど、IR施設への集客にもつながる要素を多く兼ね備えているからです。又、カジノ以外の観光施設への波及効果の要素が大いに含まれていると期待されています。

casino

また、推進本部の下に設置された有識者などは日本はアジアの他の国と比べ中間所得層が多いことから、ビジネスマンなど向けのハイエンドの娯楽としての集客も期待ありと述べています。すでに1万店以上あるパチンコと数カ所にしか造らないIRとでは客層が異なり差別化がされる模様となります。

4.今年のIR実施法案での決定案

現在、IR推進本部の有識者会議で IR施設を建設できるエリアの認定制度、規制やカジノを管理する組織の在り方、納付金や入場料などについての検討を進めており、議論の大枠をまとめる予定とされています。カジノの運営会社としてこのはIR実施法案でカジノの立地や、ライセンスの数、税制などが早期に決定する事に期待を寄せています。

 

Casino   
casitabiCasitabiプレイしよう!
luckynikiLucky Nickiプレイしよう!
casino-xCasino-Xプレイしよう!
betvictorBetvictorプレイしよう!