カジノの法制化

world-casino

カジノの法制化

オンラインカジノが主流になってきている近年、ランドカジノの合法化が世界的に拡大かしてきております。世界ではランドカジノの増加が外貨収入・観光事業の発展などの理由から法的・社会的にも認知されてきております。カジノの合法化に向けて歩み始めている国々も近年増えてきております。合法化によって得られる財政収入の増加などと、メリットは最大です。また、近年に法制化した国では導入前より治安が良くなった等、健全な娯楽レジャー産業のひとつとして認識されているからと言えます。しかし実際にこういったランドカジノに足を運ばなくても、オンラインカジノなら自宅や外出先からカジノゲームをプレイすることができます。

world-casino

カジノ合法化の目的

カジノを合法化に踏み切った主な国々のその目的、理由を以下にご紹介します。

違法カジノ排除

イギリス 1968年に賭博法が施行。「ギャンブルはコントロールすべきであるが、禁ずるべきではない」と言う考え方を元に政府はカジノを解禁しています。

オランダ 1967年に公社を設立。

違法・無法カジノの排除と国家歳入財源の確保の観点から公営カジノとして解禁。

経済的理由と暴力団などの排除

カナダ 1976年アルバータ州で合法化。

社会福祉の財源を確保することと、隣接国(アメリカ合衆国)とのFTAによる競合が背景と云われます。

アメリカ 1931年ネバダ州で合法化。

当時暗躍していた賭博による組織犯罪の排除が大きな要因と言われており、州財政収入の確保や少数民族の生活の確保などもあります。

観光客利用の再促進

オーストラリア 1968年に開設。

オーストラリアでは自然景観景勝地にカジノを誘致して新たな観光スポットを設け、既存観光地に更に観光客を呼び込むために合法化されました。

world-casino

 

経済効果をターゲット

主なアジア諸国では、経済的効果を目的にした国が多いですが、その収入源のターゲットを外国人観光客をメインにし、その国の地域住民には利用制限をかけているところもあります。

韓国 1965年に合法化。
外貨獲得を目的に。一部は自国民が利用できるエリアもあります。

マカオ 1847年に合法化
マカオ住民の香港への移住引止め補償として解禁。

Casino   
casitabiCasitabiプレイしよう!
luckynikiLucky Nickiプレイしよう!
casino-xCasino-Xプレイしよう!
betvictorBetvictorプレイしよう!