ビットコインのマイニング

bitcoin

ビットコインのマイニング

 

現在、ビットコインの認知度が世界中で取り沙汰されている昨今、2008年に中本氏と名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によって提唱されたものです。その後、2009年にビットコインの理論を実現する為のソフトウェアが開発されて公開されています。2010年には最初のビットコインの両替が出来る取引所が設立出来ました。では、一体ビットコインで何が出来るのでしょうか?通常の通貨と同じ扱いで個人間、企業間を問わないで物やサービスの対価として支払いが実行できるのです。ビットコインとは仮想通貨ではありますが円やドルの様に現在使用されている通貨と同じ様に使えるお金の一種ですが物理的に紙幣やコインがなく取り引きされているのです。ビットコインが円やドルの通貨と違うところは通貨を管理する中央銀行が存在しないという事です。つまり、発行する組織や流通する組織が存在しないという事です。という事は国家や企業がこの仮想通貨の関与を一切していない事です。では、誰が管理しているのかと言うとその仕組みはコンピューターのネットワークを利用して通貨を管理する仕組みとなっていています。今やベラジョンカジノでは、ビットコインで課金することが可能になりました!

bitcoin

 

マイニング

マイニングとは一体どういう意味何でしょうか?一定期間ごとに全ての取引記録を取引台帳に追記します。その、追記処理にはネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと全ての取引をコンピューター上正確に記録する事が求められています。膨大な計算量をビットコインのプロシージャに関わる問題解決を同士が分散して処理を行ってくれています。これらのビットコイン全体の発展に貢献してくれた同士への感謝の形を表したものがビットコインの発行と言われています。この新規発行の事を採掘といいマイニングとも呼ばれています。この行為がコンピューター計算能力を対価として金銭に変える事を望んで日夜努力する人達が世界中に存在しているのでビットコインは安全にコントロールされているのです。ビットコインの発行総量はあらかじめ決められていたり採掘によって調整されているのでインフレーションが起こったり混乱が生じる事がないのです。

 

ビットコインのメリット

  • 個人の間で直接送金が出来る
  • 手数料が格か無料
  • 煩わしい手続き制限が存在不可

 

これは国家や企業が関与していないので送金において監視や制限がないのでスムースに行っている。普通の通貨は銀行などを介して送金しますがビットコインでは直接個人間で相手にお金を支払うと言ったイメージです。そして仲介する組織が存在しないので手数料を支払う必要がありません。これはビットコイン特有の仕組みです。又、決済も銀行の様に煩わしい手続きや制限がないので世界中で同じ通貨を利用できるというメリットがあります。又、ビットコインは銀行口座の役割りをするウォレット(財布)たるものが存在します。ビットコインを利用したい人全員このウォレットを保持しなければなりません。実際にはメールアドレスの様なものです。お互いにビットコインでの決済をしている者同士の間柄でなければ送金できないという問題点がある事は今後、普及の段階で改善していく必要があるのも事実です。

 

電子マネー

ビットコインを説明する上で仮想通貨と似たような電子マネーが存在しますが紙幣や硬貨を使用しないでデータのやり取りで決済を実現するツールでビットコインとは概念が違います。現在、既に電子マネーは現代社会において円の紙幣や硬貨の代わりに電子マネーが普及していますが紙幣や硬貨を利用はしていなくとも実態としては円という通貨を利用しているのでカードにお金をチャージしたり銀行口座から決済されます。ビットコインはカードにチャージしたり銀行口座から決済されるものではないので電子マネーと混同しないほうが良いでしょう。まだまだ、通貨概念の歴史も浅く普及に時間がかかりそうですが日本国内でもこれからの可能性に期待感がもたれています。セキュリティーに特化して安全な取引がどんどんででればゴールド、シルバーの様に投資する人達も今後、増加の傾向にあるかもしれませんね。初心者の方は必ずビットコインの勉強会をして基礎知識を蓄えて頑張りましょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

Casino   
casitabiCasitabiプレイしよう!
luckynikiLucky Nickiプレイしよう!
casino-xCasino-Xプレイしよう!
betvictorBetvictorプレイしよう!